So Fishmans!(my fishmans life)



이미지: 사람 3명, 웃고 있음, 사람들이 앉아 있는 중

今週は、ボーカルの佐藤伸治がこの世を去って 今年で20年。
今もファンを魅了するバンド、フィッシュマンズ!ゲストは、映像ディレクター 川村ケンスケさん、Polaris オオヤユウスケさんをお迎えしました。

■フィッシュマンズとの出会い
川村:92年、ぼくがまだ音楽ビデオディレクターではなくて、テレビで音楽番組のディレクターやってたんですけれども、まだバブルがギリギリあったかないかの時代なので、テレビでの深夜番組も花盛りで、いろんなアーティストがテーマソングを歌ってた。その中にフィッシュマンズが居たっていうことで、その時の曲を聴いてます。可愛いバンドだなって思ったんですね。今のファンにとってそうは思えないかも知れないけど、キュートでポップなバンドっていう印象なんですよ、その時は。
グローバー:それはヴィジュアル含めて入ってきた印象ですか?音ですか?
川村:音ですね。でも、その時に聴いて、後はポツポツ聴いてるんだけど、本当に出会うのは一緒に仕事をする時なので、実際には95年かな?『ナイトクルージング』までは比較的間が開いてるんです。
グローバー:オオヤさんは、フィッシュマンズのベーシスト柏原譲さんと2000年にPolarisを結成しますが、その時はもうフィッシュマンズのファンでした?
オオヤ:多分、僕ぐらいの年代でミュージシャン目指してたりとか、音楽好きだった人間って、全員フィッシュマンズが好きだったんですよ、特に男子。高校3年生ぐらいの頃に、インディーズバンド・ブームみたいなのが凄かったんですよ。それで代々木のチョコレートシティっていうライヴハウスによく観に行ってたんですね。ちょっと根暗そうな男子が観ている感じだったんですよ。忘れもしないのが、佐藤さんが待ってるお客さんに“帰れ!”みたいなこと言って“シーン”ってするんですよ。出だしでそれ言ったりするんで。
グローバー:何曲かやってノリが悪いから“帰れ!”じゃなくて?
オオヤ:前の方に座って次のバンドを待っちゃってる人たちが居たんですよ。
グローバー:あー、対バンってそういうのありますね。次のバンドの時、一番前で観たいから、ただただ居る人たちに “帰れ!出てけ!”と。
オオヤ:そう、水を打ったように静かになりますよね。でも、俺まだ高校生で結構ひねくれてたんで、それが結構気持ち良くて“おもしろ!”と思って。いろいろライヴ観に行ってたんですけど、ズレてる感じが魅力でしたね。
川村:パンクだったんですよね。
オオヤ:パンクですね。だからライブなんかも結構ギターの激しい間奏があったり、そういう激しい音とか多かったですね。
グローバー:みんなフィッシュマンズが好きだったっていうのは、どういう部分だったんでしょうね?
オオヤ:新しい感じがしたんですよね。パンクロックのサウンドの初期衝動じゃなくて、何らかの初期衝動を凄い感じてたんだと思います。
川村:なんかバランスが悪かったんでしょうね。後に思ったんだけど、今のJ-Popもそうだけど、結構バランスがいいものが多いじゃない。バランスがいいものの中にバランスが悪いものが突然入ってくるような、いわゆる違和感は凄くあったんじゃないかな。

■トランポリンで飛んでるだけのミュージック・ビデオ
川村:僕はビデオ作るとき、そんなに曲を聴かないんです。タイトルを見て、一回聴いて、できるだけ聴かないスタイルなんですけど、「ナイトクルージング」だけは死ぬほど聴いたんですよ。もうビデオを作れないぐらい聴いちゃった。それで映像は浮かんでるんだけど、もう今考えてることじゃ間に合わないなって感じの音だったんですよ。
グローバー:音の映像力みたいなことですかね?
川村:そうですね。まさしく映像力。しかも凄く好きになっちゃってるから、良いビデオ作りたいなっていう思いもあるじゃないですか。だからそうして一回作ったんですよ。ちゃんとフル尺作ったんです。で、佐藤くんが東雲のビデオのスタジオに来てですね、パッと観て“これってさぁ、あのシーンだけでいいんじゃない?”って言ったんですよ。で、“は?”って言って“そうか、あのシーンだけでいいっていう方法論があるんだな”ってその時ふと思って、“わかった、じゃあやり直すからまた明日”みたいな感じで、完パケしたやつをチャラにして。で、出来たのが今みんなが目にできている「ナイトクルージング」のビデオで、基本的にトランポリンで飛んでるだけのビデオなんです。僕にとっても新しかった。それが僕にとって大きな経験で、もしかしたら本当は日本の音楽ビデオ業界が経験したこととしても大きいんだと思うんだよね。映像を当てる上でそこまで振り切れるっていうのは普通ポップソングにはあり得ない。

■「オオヤユウスケが選ぶ、この歌詞、このフレーズが心に響く!フィッシュマンズ・ナンバー」TOP3!!

3位:Walking in the rhythm <1997 年>
オオヤ:これは「Walking in the rhythm」っていうフレーズが好きなんです。歌詞と言うべきなのか、その状態を示してるような言葉だと思うんですけど、まさにそうだなと。自分でカバーしたりもするんですけど、そのフレーズを繰り返していくと、逆にビートが踊ってくる。相互作用がある言葉だと思っています。

2位:Go Go Around This World <1994 年>
オオヤ:大学生ぐらいの自分には刺さる感じがあったんですよね。普通歌ってだいたい肯定してくれることが多くて、身近なシンプルな事を歌ってくれてることが多かったんですけど、自分はこういう流れていく時間の視点のことを言葉にすることって知らなかったんですね。感じてることが自分の中の視点で考えられるって言うのかな。

1位:SEASON <1996 年>
オオヤ:サビが終わった後が凄く好きで、「Get Round In The Season」っていうのがずっと繰り返えされるんですけど、そのフレーズがいちばん好きなんです。そこまで繋いで歌が続いていくんですけど、そこに来たときに初めて解放される感覚なんです。

まだまだ続くレジェンド『フィッシュマンズ』次週もお聴き逃しなく!

※この収録は大手町パークビル内、三菱地所の新オフィスで行なわれました。

※放送後1週間は右のタイムフリーボタンでお聴きいただけます。


profile

"내 마음의 리듬을 믿고(この胸のリズムを信じて)", "우리는 걷는다 단지 그뿐(ぼくらは步く ただそんだけ)"

엮인글 :
http://kuchu-camp.net/xe/81718/bc9/trackback
List of Articles
번호 제목 글쓴이 날짜
547 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1996.3.27) 10th single 『Baby Blue』(1996) file 공중캠프 2020-03-31
546 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1995.3.17) 5th/live album 『Oh! Mountain』 공중캠프 2020-03-17
545 Chronicle (1997.10.22) 휘시만즈판 우주어 일본어 세타가야어사전 공중캠프 2020-03-09
544 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1993.2.19) 4th single 『Walkin'』 공중캠프 2020-02-21
543 (2/7~27) 권혜성 개인전 Back Beat ! file [1] 공중캠프 2020-02-07
542 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1992.2.5) 3rd single 『100ミリちょっとの』 공중캠프 2020-02-05
541 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1998.12.2) 14th single 『ゆらめき IN THE AIR』 공중캠프 2020-02-03
540 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1994.2.2) 6th/maxi single 『Go Go Round This World!』 공중캠프 2020-02-03
539 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1996.2.1) 6th album 『空中キャンプ』 공중캠프 2020-02-03
538 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1998.12.27-28) Satoh Shinji's Last Live 《男達の別れ》 file 공중캠프 2019-12-28
537 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1995.11.25) 9th single 『Night Cruising』(1995) file 공중캠프 2019-11-25
536 lyric [가사] 코스모스 - 셔츠 공중캠프 2019-11-23
535 [음악위인전 15회] 사토신지(휘시만즈) (후편) - 끝이 없는 창조성 공중캠프 2019-11-07
534 [음악위인전 14회] 사토신지(휘시만즈) (전편) - "각성"에 이르는 길 공중캠프 2019-11-04
533 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1996.10.25) 7th 1 track album 『LONG SEASON』 file 공중캠프 2019-10-25
532 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1997.10.22) 13th single 『WALKING IN THE RHYTHM』 file 공중캠프 2019-10-22
531 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1994.10.21) 4th album 『Orange』 file 공중캠프 2019-10-22
530 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1994.10.21) 8th single 『MY LIFE』 file 공중캠프 2019-10-22
529 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1992.10.21) 2nd album 『King Master George』 file 공중캠프 2019-10-22
» interview [인터뷰] J-Wave Marunouchi Musicology 카와무라 켄스케 x 오오야 유스케 공중캠프 2019-10-18



XE Login