"스바라씨끄떼 나이스 쵸이스" 이벤트 게시판(SNC BBS)

SNC.10 staff and artist comments

자유글 조회 수 4013 추천 수 0 2010.08.04 21:17:08

SNC.10 관련 코멘트를 남기고 싶으신 분들은 답글을 달아주시거나 staff@kuchu-camp.net으로 메일을 보내주시면,
SNC.10 홈페이지에 추가하도록 하겠습니다.

----------------------------------------------------------------------------

 

  • 한국의 공중캠프라는 곳은 음악과 술과 사람, 그리고 피쉬만즈를 좋아하는 친구들이 모여 만든 카페입니다. 농담으로 ‘매일 이렇게 술을 마실바에야 술집을 차려버리자!’ 하던 것이 정말 술집이 되었고, ‘캠프에서 우리가 좋아하는 밴드들이 공연하면 좋것다...’ 했던 것이 정말 라이브가 되어버렸습니다. 그렇게 기적처럼, 농담처럼 SNC의 공연들이, 그리고 공중캠프의 하루하루가 지금까지 이어졌고 드디어 피쉬만즈까지 왔습니다. 아...... 피쉬만즈인가요......
    생활은 여전히 힘들고, 나이가 들수록 사람들 나름대로의 사정도 변해갑니다. 기적의 순간들이 점점 아득히 느껴지기도 하고요. 그것이 나에게 있어서 무엇인가에 대해 심드렁해지기도 합니다. 하지만 그런 순간, 떠오르는 얼굴이 너무나 많습니다. 웃는 얼굴, 우는 얼굴, 행복한 얼굴, 쓸쓸한 얼굴, 그냥 스쳐지나간 얼굴, 걱정하는 얼굴, 맛있어하는 얼굴, 안타까운 얼굴, 미안한 얼굴, 고마운 얼굴, 얼굴들... 너무나 많은 좋은 사람들을 만났고 너무나 행복했던 순간들을 캠프에서 겪었습니다. 그런 순간들, 함께 했던 친구들이 있었기에 힘든 일이 있을 때마다 모든 것을 놔버리지 않을 수 있었던 것 같아요. 우리들 마음에 흐르는 이 리듬 속을 아직은 좀 더 걸어가고 싶은 기분. 그런 기분입니다. 이번에는 어떤 얼굴들을 보게 될지, 어떤 피시만즈를 만나게 될지 어쩔 수 없이 또 두근거립니다. So fishmans! (inzo)

  • 韓国の空中キャンプという場所は、音楽と酒と人、そしてフィッシュマンズが好きな仲間たちが集まってつくったカフェです。「毎日こんなに酒を飲むのなら、バーをつくろう!」と冗談で言ったことから、本当にバーができ、「キャンプで私たちの好きなバンドがライブしたらいいなあ……」と言ったことから、本当にライブが実現してしまいました。そのように、奇跡のように冗談のようにSNC(すばらしくてNICE CHOISE)のライブが、そして空中キャンプの毎日が今まで持続し、とうとうフィッシュマンズまで来ました。あ、フィッシュマンズですかね……。

    生活は相変わらず大変で、歳をとるごとに人々は、それぞれ抱えている事情も変わっていきます。奇跡の瞬間がだんだん、遥か昔のことのように感じられたりもします。それが私にとって、何かへの興味を奪ったりもします。しかしそんな瞬間、多くの顔を思い出します。笑っている顔、かっこいい顔、じれったい顔、申し訳ない顔、ありがたい顔、顔、顔……。とてもたくさんの良い人たちに出会い、とても幸せだった瞬間をキャンプで感じました。その瞬間や、一緒にいた仲間がいたから、大変なことがあっても放棄しないでいることができたと思います。私たちの心に流れるこのリズムの中に、まだ、もっと、寄りそいたい気分。そんな気分です。今度はどんな顔たちに出会えるのか、どんなフィッシュマンズに出会えるのか、どうしようもなくドキドキしています。 So fishmans! (inzo)


     

     

  • Fishmans를 어떻게 알게 되었냐는 질문을 하면 내 주윗사람들은 보통 '나이트 크루징'이나 '이카레타 베이비'를 듣고 좋아하게 되었다고 말한다. 그런데 나는 Fismans를 글로 먼저 만났다. 요즘처럼 인터넷이 발달하지 않았던 시절이라 새로운 음악 정보를 PC통신 음악모임의 게시물이나 잡지 리뷰에 의존할 수밖에 없었고, 그 음악에 대한 정보를 안다고 해도 실제로 구해 듣기가 쉽지 않았다. Fishmans도 마찬가지였다. 누군가 잡지에 그들을 소개한 글을 우연히 본 순간 듣고 싶다는 호기심에 시달렸지만, 막상 CD를 구할 수 없어서 재킷의 이미지와 글에서 연상되는 소리를 혼자 머릿속에 상상하는 수밖에 없었다. 그러다가 어렵게 '공중캠프'와 '롱 시즌' CD를 구할 수 있었고, 처음 들은 Fishmans의 음악은 'ずっと前'였다. '행복은 어떤 의미에서 그렇고 그런 것. 외톨이일 뿐인 것'. 가만히 내 마음에 노크한 Fishmans와의 첫 만남이었다. 그리고 십여 년 동안 나는 Fishmans를 안다는 인연으로 많은 사람들과 만났고 많은 일들을 겪었다. 누군가는 여전히 만나고 누군가와는 멀어졌다. 계절이 몇 번 지났고 나이도 먹었다. 미러볼 아래서 꿈을 꾸곤 했지만, 어느새 잊고 있었다. 아주 오래 전 일인 것처럼. 지금 그 CD를 다시 꺼내들으며 Fishmans를 글로 만났던 첫 순간을 떠올려 본다. 머릿속으로 상상하던 음악이 현실이 되고, 어느새 우리 모두의 추억으로 남은 그 수많은 기억이 다시 증대되기를 기대하면서. (radio)

  • フィッシュマンズをどのように知ったかと聞けば、周囲の人たちは普通『ナイトクルージング』や『いかれたBABY』を聴いて好きになったと話す。でも私はフィッシュマンズに、まず文章を通じて出会った。最近のようにインターネットが発達していない時期だったから、新しい音楽情報を得るには、パソコン通信の音楽コミュニティーの掲示板や、雑誌のレビューに頼るしかなく、その音楽について知ったとしても、実際に購入して聴くことは簡単ではなかった。フィッシュマンズも同じだ。誰かが彼らを紹介した雑誌の文章を偶然読んだ瞬間、聴きたいという好奇心に悩まされたけど、実際はCDを買うことができず、ジャケットのイメージとその文章から想像される音を、ひとり頭の中で再生する他なかった。やがて『空中キャンプ』と『ロングシーズン』のCDを買えることになり、そうして初めて聴いたフィッシュマンズの音楽は『ずっと前』だった。「いつもそばにいる幸せは/ある意味そんなもんで/ある意味ひとりぼっちのものなんだよ」。私の心を静かにノックした、フィッシュマンズとの初めての出会いだった。それから十数年間、私は、フィッシュマンズを知っているという縁で多くの人と会い、多くのことを体験した。ある人は今でも会っているし、ある人は遠くへ去っていった。季節はいくつか過ぎ、歳もとった。ミラーボールの下で夢を見たりもしたけど、いつの間にか忘れてしまった……とても昔のことのように。今、そのCDを再び手にとり、フィッシュマンズと文章を通じて出会ったあの瞬間を思い出してみる。頭の中で想像していた音楽が現実のものとなり、いつの間にか皆の心に残っている多くの思い出が、再び増えていくことを期待しながら。 (radio)

     


     

  • 1999년 3월의 어느날. 한 손에는 우산을 들고 한 손으로는 친구의 전화를 받았습니다. 신지 사토가 죽었다고 했습니다. 설마, 그럴 리가 없다고 말하면서 우산을 손에서 떨어트렸습니다. 비가 오고 있었습니다. 세상은 납득하지 못할 일을 던져놓고, 우연인지 운명인지 결정하라고 강요합니다. 우연일 때가 많습니다. 그러나 운명이라고 생각하고 싶을 때가 우연이라고 생각할 때 보다 적다고는 말하지 못하겠습니다. 휘쉬만즈를 좋아하는 사람들을 만난 것, 그 사람들이 좋은 사람들인 것, 공중캠프를 연 것, 10년이 넘게 지속된 것, 이 모두는 우연이었을까요? 운명이었을까요? 단 하나의 날을 위해서라면 전 이 모든 걸 운명이라고 여겨도 좋겠단 생각을 했습니다. 휘시만즈가 한국에서 공연하는 그 날이요. 그날, 손에서 떨어트려 부서지기엔 아까운 물건이 있다면 들고 오지 마세요. (정우영) 

  • 1999年3月16日。僕は片手で傘を持ち、片手で友達からの電話を受けました。佐藤伸治が亡くなったとの知らせでした。まさか、そんなことあるわけない、と話しながら、傘を落としました。雨が降っていました。世界は納得できないことであふれており、偶然なのか運命なのか決めてくれと強要してきます。偶然であることが多いです。しかし、運命だと思いたい時が、偶然だと思う時よりも少ないとは言えませんでした。フィッシュマンズが好きな人と出会ったこと、その人たちが素敵な人たちだったこと、空中キャンプを始めたこと、10年以上続いていること、この全てが偶然だったでしょうか? 運命だったでしょうか? ただ、たった1日のために、全てが運命だと思ってもいいだろうと考えました。フィッシュマンズが韓国でライブをするその日です。その日、手から落として壊してしまうにはもったいないものがあるとしたら、持ってこないでください。 (Wooyoung Jung)



     

  • 관심과 무관심을 떠나 Fishmans란 이름은 어떤 시간에 대한 기록과 같은 느낌을 갖게 합니다. 15년전 처음 소개되었던 Fishmans는 분명 듣보잡이었지만 21세기 앞에 놓이게 된 당시 청춘들에게 결국 세기말의 그 시간을 기억하는 데 가장 어울리는 밴드로 남게 되는 데 오랜 시간은 걸리지 않았던 것 같습니다. 그리고 거기에서 갑작스레 끝이 났습니다. Fishmans에게 더 이상의 시간은 존재할 이유가 없다고 생각했는지도 모릅니다만 지금은 21세기. 모두가 어른이 되었습니다. Fishmans와 어른이 된 그 청춘들에게 지난 10년은 어떤 일이 있었던 시간인지? 끝이 아니었던 그 미싱링크의 시간을 다시 한번 기록하러 갑시다. (손정달)

  • 興味があるか、ないかを離れて、フィッシュマンズという名は、ある時間についての記録、というような感覚を受けます。15年前に初めて紹介されたフィッシュマンズは、明らかに聞きなれない名前だったけど、21世紀を目の前にした当時、若者たちが世紀末という時間を記憶する際に、最も似合うバンドとして彼らの心に残り、またそれに長い時間はかからなかったようです。そしてそこで突然、終わりがやってきました。フィッシュマンズにとって、これ以上の時間が存在する理由はないと考えたのかもしれませんが、今は21世紀。みんなが大人になりました。フィッシュマンズとともに大人になった若者たちにとって、過ぎ去った10年はどんなことがあった時間なのか? 終わりではなかったミッシングリックを探しに、もう一度、記録しに出かけましょう。(ソン・ジョンダル)



     

     

  •  (만담가)
  •  

    あなたが19あるいは23なら、8月の太陽、西の空、棕櫚の木、どきどき、白いスニッカーズ、空っぽの運動場、鳥の羽根、雲、細い雨粒たち、公園のベンチ、4月の月の夜、バスで散歩、安否を尋ねる簡単なメール、小さな微笑、横道と曲がり角、点滅する街頭、毛細血管、サクランボの実の香り、小指、甘い嫉妬たち、滑走路にいっぱいの飛行機、あなたが27あるいは31なら、日曜午後4時、手のひらいっぱいの花粉、力に余る緑色たち、秋の梅雨、古い外套、灰色の屋上、眩暈のする電線、耳の中で折れてしまった綿棒、割れた歩道ブロック、いつも不慣れな証明写真、手相のような昔の友達たち、数多くの角、アラームの音、よく解ける靴紐、酒の席から逃げるように飛び出し乗ることになる深夜タクシー、冷やかすように踊る明かり、知らない名刺たち、二日酔いで眺める天井、しなければよかった話たち、飛行機で使われる金属で作られたというラーメンの鍋、そして結局あなたが37あるいは19なら、まったく、19だなんて……。

    あなたが忘れてしまったものが何なのか話しかけてくれるバンド、そして「大丈夫だよ」と話しかけてくれる夢のようなバンド。そうだ。

    フィッシュマンズだ。 (漫談家)




     

  • 2005年に僕が韓国に来た時には、フィッシュマンズはもうすでに先に韓国にいて、言葉が違うことなど関係なく、この国の人たちなりの聴き方で、この国の人たちなりの愛され方をしていた。まさに「Good Musicは時空をたやすく超える」っていう言葉を証明するかのような光景を目の当たりにしてとても驚いたし、僕の大好きなフィッシュマンズを好きな人がここにもいるっていうことが、とてもうれしかった。韓国で聴く生のフィッシュマンズ、日本で聴くのとはまたちょっと違う「魔法」がかかっちゃうんだろうなあ・・・。(イボゲップ)



  • 2002年2月、笠森霊園。佐藤に会うため会社を転職し、日本へ出張に行った。横浜から道を尋ね尋ね進み、6時間くらいかけて到着した。当時、知っている日本語は「ありがとう」と「こんにちは」ぐらいだった。CDPからは『just thing』が流れていた。「気の合う人に/また会いにゆけば/心も晴れるし/心も閉じる」。吸わないタバコを1本吸い、韓国から持ってきた焼酎で飲福、佐藤の側に置かれているメモリボックスの中の写真やメモを読んでいたら、いつの間にか夜になった。そろそろ帰ろうか。墓地の門も閉まってしまった。バスも終わってしまった。誰もいない。まだ冬で、ちょっとゾクゾクするような気分になった。「どうしよう……」。そのとき車が一台止まった。「終わりました?」。おかしな英語と日本語で「終わったけど門は閉まっていませんよ」と答えた。遅い夜、墓地から歩いてきた日本語を話せない人って、ちょっと怖がっているかもしれない。彼ら(マシモさんとノリコさん)と一緒に再び佐藤に会いに行った。そして彼(彼女)のレンタカーで東京に戻り、彼(彼女)の家でフィッシュマンズを聴きながら、朝まで飲んだ。次の日は井の頭公園で、1999年3月から東京でフィッシュマンズナイトを開催しているSと出会った。フィッシュマンズ関連のネットサーフィンをしていたところ、彼のホームページを見つけ、勝手にメールを送ってみたのだ。「ビール一杯どうですか?」。吉祥寺の「Kuu Kuu」で、フィッシュマンズを聴きながらたくさん呑んだ。朝目を覚ますと、Sのソファーの上だった。このような小さな偶然と繋がりが重なり、今まで数多くの人や風景に出会ってきた。フーコとスギヤマの「やるしかない」、HONZIとこだまさんと小暮さんと蔡君などの「がんばってね」、スミヨシさん、ミタさん、rock.jpの仲間たちを始めとし、フィッシュマンズを通して出会ったひとりひとりの、あるいは全員の温かい心は、2003年度の秋、「カフェ・空中キャンプ」をつくるのに大きな力になった。うん、そんな時間でした。

    黒いビニール袋のような人生と世界において、小さな風穴となったフィッシュマンズは1990年代、音楽シーンの奇跡であっただけでなく、空中キャンプの多くの仲間にとって、「この胸のリズムを信じて」生きていけるようにしてくれる、心の中のエネルギーだった。10年を超える過ぎ去った時間、いつも僕たちのそばで、そういうふうに生きてもいいよと笑いながら、時には悲しそうに話しかけてくれた。笑と涙はいつも、別の笑と涙を誘う。最初はフィッシュマンズをきっかけに、フィッシュマンズを思い出し共有するために集まったのだが、時間が経つに連れて、フィッシュマンズだけでなくフィッシュマンズを好きな友達が好きになり、日常の中で“フィッシュマンズ的”なものを発見できるようになった。そのようにそれぞれを頼り、抱きしめながら、だんだんそれぞれにとって日常的であり特別な存在となってきた。少しずつお金を貯め、カフェをオープンし、中古アンプと中古スピーカーを準備し、イベント経費を整え、会社でもらった給料で家賃を出した。あえてカフェ空中キャンプの近所に引越ししてきた仲間もいた。財政的に不安定な状況で、オ―ナ―とか代表がいない水平的で円形の共同体を維持するため、空中キャンプのスタッフみんなは悪戦苦闘していることも事実だ(参考までに空中キャンプの時給は130円程度)。少しずつ年をとるにつれ、結婚、会社、健康、個人事情、人間関係などの理由で物理的・心理的に離れてしまった仲間も増えている。空中キャンプがこれからいつまで続けられるのか分からないが、佐藤ちゃんが言った通り、くよくよ言い訳したり適当な妥協をすることなく、自分が信じることをずっと続けるぐらいの覚悟はしている。今までそうしてきたように、エブリデイ・ピクニック、エブリナイ・ドリンキングしながら、愛らしくてつまらない人々と、楽しく悲しく無意味で踏んだり蹴ったりで騒がしい人生を、ずっと生きていくだろう。ひとりでは大変だろうが、横に誰かが一緒なら難しいこともないと考える。

    この10年間、空中キャンプ+フィッシュマンズとともに行った、「時には気分、時にはスマイル、 時にはロマンス、時には空、時にはtrip、時にはtravel」などは、今や僕らの人生そのもの(life as such)となった。多くの人がフィッシュマンズを過去完了時制で話すけれど、空中キャンプにとってフィッシュマンズはいつも現在進行形だった。いつも「これから始まる」と考えてきた。これこそが、空中キャンプが今まで「夜のスキマにKiss」を投げることのできた理由となった。お互いを結ぶ「見えない力」と、「そっと運命に出会い、運命に笑う」人々の間のエネルギーの循環は、「小さな祝福の灯がともって小さな時間の輪がまわり」、空中キャンプのネットワーク(星座)をより確かなものとした。そのひとつの例として、「すばらしくてNICE CHOICE」(というイベント)を挙げることができる。2007年3月、フィッシュマンズナイトを記念し初めて開催されたこのイベントを通し、今までハナレグミ、原田郁子、Pすけ、曽我大穂、曽我部恵一、ボノボ、キセル、エマーソン北村、HAKASE-SUN、マリマリ、次松大助、おおはた雄一、OTOUTA、ヒックスヴィル、鹿島達也、オオヤユウスケ、芳垣安洋など日本のアーティストたちや、韓国のインディーズミュージシャン、そして空中キャンプの仲間とイベント参加者たち(空中キャンプでは「観客」という言葉はあまり使わない)が一緒になって、「空中キャンプマジック」もしくは「奇跡の瞬間」を満喫してきた。普段は誰もいない100kmだけのからっぽである空中キャンプも、この時だけは愛と笑いのエネルギーでいっぱいになる。

    先週、梅雨の音聞いてる普通のあつい夏の午後、フィッシュマンズ20周年を記念する1冊の本が到着した。空中キャンプの仲間とDVDを一緒に見ながら、「ははは、ハカセ、飲みすぎ!」「オジケン、やっぱりね!オジケンがいたフィッシュマンズが面白かった」「譲さん、会いたい~♡」「欣ちゃん!!! 早く来て!!!」「ZAKさん、言い返すまでもなく最高!!!」とか話した。そうしてお互い笑いながら、知らぬ間に涙を流した。いまだにフィッシュマンズはドキドキする。これからもそうだろう。今年10月には、10度目のSNCが開催される。空中キャンプとしても10度目の秋だ。秋には特に『SEASON』が良い。「うれしいような/さみしいような/風邪薬でやられちまったみたいな/そんなそんな気分で」走ることもできるしね。2002年秋のエネルギーが、2003年度に「カフェ・空中キャンプ」を生み出し、2006年秋の「空中キャンプ組合」のエネルギーが、2007年春SNCを開催させた。2010年秋はどうなるのか……? じゃ、とりあえず、飲みましょうか。そして、そんなそんな気分で走りましょう!もうすぐ秋だしね。乾杯!(go-mama)


  • ----------------------


    「いちばん最初に好きになったのがフィッシュマンズ。彼女にふられて、死のうか、って思ったときに(笑)。友達に『まだまだ大丈夫だよ』って、そのときに初めて聴いたのが『Walkin'』でした。99年くらい。佐藤伸治が死んだ後に。でも、フィッシュマンズが活動してるときにもう好きだった人もいて、その人と友達らが、フィッシュマンズがなくなって悲しいから、どうしよう、とか思って、フィッシュマンズ好きな人を集めるオンラインコミュニティを作ろう、って」


     韓国取材旅行中にたまたま立ち寄ってみたカフェ空中キャンプには5、6人のスタッフがいた。ぼくは、それまでフィッシュマンズも聴いたことなかったし、まったく興味もなかった。なんとなく名前だけ記憶してたその店に、それこそなんとなくヒマ潰しで入ったにすぎなかった。そのなかで明らかにひとり大人、というか、背丈もひとり大きいマッシュルームヘアの男性がいて、その彼がぼくの質問に答えてくれたのだった。カフェ空中キャンプのスタッフには日本語がうまい人が多い。それは、フィッシュマンズの歌詞が知りたくて、そこから憶えたものらしい。00年1月に作られたコミュニティサイト<空中キャンプ>が母体となって、03年11月にオフライン空間で新しい文化創出と共同の幸福増進のためにオープンした、というのがこの店のヒストリーだった。


    「最初にフィッシュマンズを聴いたときはmp3でした。音楽は映画よりももっとダメ。だからラジオ放送もできなかった。03か04年に、ラジオで日本の音楽がOKになったけど、TVはダメ。その前もアンダーグラウンドカフェとかではビデオを観ることはできたけど、法律的にはダメだった」


    90年代の西東京にありそうな、品揃えの怪しい渋谷系ショップみたいなカフェ空中キャンプの雰囲気に、ぼくはすっかり一息ついていたのだが、ここはやっぱり韓国だった。日本のサブカルチャーやポップカルチャーの意味するものが、ぼくが了解してることとはかなり違い、“日本の音楽を聴く”ということは、なんらかの「態度」であって、それは間違いなく政治に接近していくことでもあった。


    彼らは韓国内のインディペンデントな音楽を積極的に聴いてもいる。しかし韓国内のインディペンデントな音楽は、ぼくたちが想像する以上に小さな運動で、昔も今もバンド活動だけでは生活をすることはできないという。カフェ空中キャンプで働くスタッフも当然、別のアルバイトをして稼いでいた。親に嘆かれ、会社を辞めてここにきている人もいる。社会や家族といったサークルを離れて、自分たち主導のコミュニティを作ろうと、ハードな日々を過ごすなかで聴かれ続けるフィッシュマンズというリアリティ。


    「ぼくたちが生きている間は、好きなことで食べるのは無理だと思います。新しいというか、明るい未来、幸せな世界は、今も幸せなんですけど、難しいと思いますけど。子供の子供の子供の時代にはできるように頑張ります。お金はないけど、ないままで楽しい方法を。あったらいいけど。あってもいいけど。そういうときに、フィッシュマンズがいちばんいいです」


    そんな話を聞いてると、もうとにかくフィッシュマンズが聴いてみたくなって、唯一知ってる『MAGIC LOVE』をリクエストしてみたが、スタッフの人たちは、もっと好きな曲があるような笑顔に見えた。爆音でかかるフィッシュマンズは低音がすごい。「でも、いつまでできるかわからない」とマッシュルームヘアの男性が言う。ぼくはお酒を飲んで、売れ残った彼らのグッズを買った。韓国の空中キャンプというスペースを考える。フィッシュマンズってそういうバンドだったのか。(望月哲)


    ----------------------

    공중캠프에서의 밤
     
    / 카시와바라 유주루
     
     
     
    나의 학생 시절을 떠오르게 하는 그리운 모습을 가진 젊은이들의 목소리와 박수는 언제까지나 멈출 줄 모르고, 마지막에는 베이스 없이 코구레 신야(木暮晋也)의 어쿠스틱 기타만으로 WAKING IN THE RHYTHM을 부르고 있었다.
    새벽 1시쯤, 목소리가 갈라질 때쯤이 되어서야 겨우 무대에서 내려올 수 있었고, 그대로 가게 안에서 뒷풀이를 하게 되었는데 너나 할 것 없이 악수를 청해오고, 기념 사진을 찍고, 서투른 영어와 일본어로 이야기를 나누면서 어깨동무를 했다.
    몸 전체로 맞닥뜨린 뜨거움, 한없이 기다려온 것을 주저함 없이 호소하는 목소리, 그리고 이를 보여주는 우호적인 눈빛, 눈물.
    지금까지 일본에서는 느낀 적이 없는, 호의를 스트레이트하게 표현하는 사람들.
    20년간 음악을 연주해오면서도 이런 체험은 처음이어서 놀라움과 함께 정말이지 순수한 기쁨을 느꼈다.
    그런데 내가 왜 이렇게 환영받은 것일까?
     
    한국에서 라이브 공연을 할 수 있다.
    그 이야기를 들었을 때 난 간단하게만 생각하고 있었다.
    그저 라이브 공연을 한다는 생각으로 4일 분의 갈아입을 옷과 악기를 챙겨 하네다 공항으로 향한 것이 2010년 3월 25일.
    공연을 하기 위해서는 요즘 시대에도 비자를 받아야 한다는 것이 조금 신기하긴 했지만, 하네다 공항 끝에 있는 자그마한 국제터미널에 도착하고 나서는 외국에 간다는 본격적인 의욕을 느낄 새도 없이 비행기에 탔고, 오후에 출발한 비행기는 저녁 무렵에는 김포공항에 도착해 있었다.
    공항 게이트에서 기다리고 있었던 것은 이병헌으로 벽 한 면을 다 채울만큼 커다란 간판, 그는 미소를 지으며 하얀 이를 드러내고 있었다. 한류 스타와 삼겹살, 불고기 등의 음식으로 익숙한 나라, 그것이 지금까지 내가 생각하고 있었던 한국이었다.
    처음 가는 서울을 만끽해볼까, 그 정도로 마음 편하게만 생각하고 있었다.
     
    국가에서 금지하고 있는 일본 음악을 듣는다.
    그들이 선택한 것이 그런 것이었다는 것을 깨달았을 때, 나는 한기를 느꼈다.
    내가 당연하게 연주하거나 듣고 있는 음악이 이웃 나라에서는 불법이라니, 그런 건 생각해본 적도 없었다.
     
    단지 음악일 뿐이잖아?
    그럭저럭 평화롭고 자유롭지만, 지루함과 체념 또한 당연하게 받아들여지는 일본에서라면 평생 마음에 떠오를 일이 없는 결의와 행사될 일이 없는 의지.
    음악을 들었다고 잡혀간다고?
    그래도 그들은 그 일을 실행해 왔다.
    나는 아무래도 엄청나게 무지했던 것 같다.
    그 후 시대가 조금 바뀌어 그들도 일본 음악을 들을 수 있는 시대가 되었다.
     
    그들은 공중캠프를 공동 운영 방식으로 만들어 매일 밤마다 아침까지 마시면서 일본 음악을 찾아들어주었다.
    그건 그 가게에 있는 CD를 보고 금방 알 수 있었다.
    얼마 후 그들은 일본의 아티스트를 공중캠프로 불러 공연을 했다. 그 이벤트는 벌써 9번이나 계속되고 있지만, 그렇다고 가게의 경영이 궤도에 올랐다고는 말할 수 없다.
    그들이 우리를 부르기 위해 마련한 교통비와 숙박비, 그리고 매 식사마다 가게에 데려가서 대접해준 음식은 한국의 값싼 공연티켓과 공중캠프의 예산으로는 절대 감당하기 힘든 일이었을 테고(게다가 높은 환율), 모자란 부분은 커뮤니티의 멤버들이 함께 돈을 모아 적자를 메웠다. 모두 생계를 위한 수익은 한 번도 내지 못한 것 같고, 물론 일본 아티스트들도 노개런티로 공연을 했다.
     
    3월 공연 중에 그들 중 한 명인 고군에게 “이걸로 괜찮은 거야?”라고 물어보았다. 웃음과 함께 돌아온 대답은 “좋아서 하는 일이니까 그걸로 충분해요”였다. 언젠가 일본 아티스트와 한국 아티스트가 함께 하는 페스티벌을 하고 싶다고까지 말해주었다.
    돈은 다같이 모으면 어떻게든 된다.
     
    그런 이유로 저는 이 투어를 생각했습니다.
    일본에서도 이런 투어 공연이 외국에 나가는 데에 조금이나마 도움이 될 것이다.
    이번엔 다른 밴드나 매니지먼트에 제대로 설명을 할 수가 없어서, 나부터 계속 공연하거나 열심히 하면 돼라는 기분으로 내가 관계 맺고 있는 밴드가 많아져 버렸지만, 이후에는 다른 일본 아티스트들도 이런 투어에 동참을 해서 조금이라도 한국에 소개할 수 있는 기회가 늘어난다면, 한국에도 일본 아티스트들이 좀 더 많이 알려질 것이다.
    그렇게 하면 언젠가 그들이 말하는 페스티벌이 실현될 수 있을지도 모른다.
    다음에는 일본에서도 그들이 소개해준 멋진 한국 밴드들을 볼 수 있을지도 모른다.
    2002년 월드컵 같은 그런 것 멋지지 않습니까.
    이번 투어를, 뭐랄까 그런 것을 위한 주춧돌로 삼고 싶습니다.
     
    가능하면 이 투어가 매년 지속될 수 있도록(10년 후에는 진짜 페스티벌이 되어 있으면 좋겠지만), 그리고 일본과 한국 사람들 모두가 좋아하는 아티스트들의 라이브를 이웃 나라 친구들도 당연한 듯 볼 수 있도록, 만약 이런 생각에 동의하시는 분들은 아무쪼록 이 이벤트를 보러 와 주세요. 그렇게 손을 내밀어 주는 것이 큰 도움이 됩니다.
     
    세계 어디에도 없는 단 하나의 ‘공중캠프’는 서울에 있습니다.
     
    카시와바라 유즈루(柏原 譲)
    from Fishmans, otouta, polaris, so many tears

    ----------------------------------------------------------------
     
    空中キャンプでの夜。
     
    ぼくの学生の頃のような懐かしい風貌の若者達の声や拍手はいつまでも鳴りやまず、しまいにはベースも弾かずに木暮晋也のアコギだけで WALKING IN THE RHYTHMを歌っていた。
    深夜1時ごろ、ガラガラの声になってやっとステージからおろしてもらい、そのまま店内で打ち上げになると誰かれとなく握手を求められ、記念写真を撮られ、片言の英語か日本語で話しながら肩を組まれた。
    身体ごとぶつかってくる熱さ、 待ちわびていたことを臆することもなく訴える声、それでいて友好的な瞳、涙。
    いままで日本では感じたことのない、好意をストレートに表現する人たち。
    20年来音楽を演奏してきてこんな体験は初めてのことで、驚きと同時に素直に嬉しかった。
    でもなんでこんなに歓迎されるんだろう?
     
    韓国でライブが出来る。
    その話が来たことを聞いたときとても簡単に考えていた。
    ただライブをやるだけのつもりで4日分の着替えと楽器を持って羽田に向かったのが2010年3月25日。
    公演を行うのにいまどきビザを取るなんてちょっと不思議に思ったけど、羽田の端のほうにある小さな国際ターミナルに着いてしまえば外国に行くという気負った雰囲気もなく、いざ飛行機に乗ってしまえば午後に出た便はあっさりと夕方には金浦空港に着いた。
    空港のゲートで待っていたのはイ・ビョンボンの壁一面はあろうかというでかい看板、ニッカリとあの白い歯を浮かべている。韓流スターと焼肉などの食べ物でおなじみの国、それがいままで僕の思っていた韓国だった。
    はじめてのソウルを満喫しようかな、そのくらい気楽に考えていた。
     
    国に禁じられている日本の音楽を聞く。
    彼らが選んだのはそういうことだったんだと気付いたとき、ぼくは寒気をおぼえた。
    僕のあたりまえに演奏したり聞いてきた音楽が隣りの国では違法の対象になるだなんて、そんなこと考えたこともなかった。
     
    たかが音楽でしょ?
    まあ平和で自由だけど、退屈と諦めがあたりまえの日本においては一生心に浮かばないであろう決意と、行使することはないであろう意志。
    おんがくをきいてつかまるの?
    それでも彼らはそれを実行してきた。
    ぼくはだいぶ無知だったみたい。
    それから少し時代は変わって、彼らも日本の歌を聴いてもいい時代になった。
     
    彼らは空中キャンプを共同経営で作って、毎晩朝まで呑みながら日本の音楽を聞き漁ってくれた。
    それはあの店の棚のCDを見ればすぐわかった。
    そのうち彼らは日本のアーティストを空中キャンプに呼んでくれるようになって、そのイベントはもう9回も続いているけれど、その経営は軌道に乗ってるとは全く言い難い。
    彼らが僕らを呼ぶための飛行機代とホテル代と毎食連れて行ってくれるお店の支払は韓国の安いチケット代と空中キャンプのキャパシティではとても賄えず(為替レートのせいでもあるけど)、あとはコミューンのみんなで赤字を出しあっている。みんなが暮らすための利益は一度も出ていないらしく、もちろん日本のアーティストもギャラ無し。
    3月の公演中、彼らのうちのひとり(リーダーかな)のゴくんに「それでいいの?」と尋ねたんだけど笑って好きでやってるんだからそれでいいんだという。それにいずれ日本のアーティストをたくさん呼んで韓国のアーティストも呼んでフェスティバルをやりたいんだとも語ってくれた。
    おかねはみんなが出し合えば何とかなる。
     
    そういうわけで、ぼくはこのツアーを考えました。
    日本でもこのツアーの公演をすれば少しは渡航の助けになるはず。
    また今回は他のバンドやマネージメントの皆にうまく説明できなかったから僕が出ずっぱりで頑張ればいいや、と僕の関係しているバンドが多くなってしまったけど、今後他の日本のアーティストにも賛同してもらって、少しでも多くの機会に韓国で演奏できるように紹介できればもっと韓国のみんなにも日本のアーティストのことを知ってもらえるはず。
    そうしたらいずれ、彼らのいうフェスティバルが実現できるかも知れない。
    今度は日本でも彼らの紹介してくれるかっこいい韓国のバンドを見られるかも知れない。
    そんなの2002年のワールドカップみたいで素敵じゃないですか。
    今回のツアーを、なんというかそのための礎にしたいのです。
     
    出来ればこのツアーが毎年続けられるように(10年後には本当のフェスティバルになっているといいな)、日本と韓国両国の皆さんが好きなアーティストのライブを隣の国の友達もあたりまえに見たりできるように、もしこの考えに賛同して下さるかたはどうかこのイベントを見に来てください。それがその手助けになります。
     
    世界のどこにもないただひとつの「空中キャンプ」はソウルにあります。
     
    柏原 譲
     
    List of Articles
    번호 제목 글쓴이 날짜 조회 수
    공지 자유글 SNC.21 - 에머슨 키타무라 x 비디오테잎뮤직 한말씀 게시판 [6] 공중캠프 2017-11-15 22
    21 후원회원 후원회원 신청 secret [2] 차돌 2010-08-20 14
    20 자유글 십시일반 후원의 손길 [1] 공중캠프 2010-08-20 2026
    19 회의록 (8/22) snc.10 회의 #06 공중캠프 2010-08-20 3016
    18 자유글 예약이 오늘부텀? [2] 2010-08-18 2210
    17 후원회원 후원회원 ㅅㅊㅎㄴㄷ secret [2] 콩만두 2010-08-17 15
    16 후원회원 후원 secret [2] 암파 2010-08-17 14
    15 자유글 (8/23~8/29) SNC.10 한국공연(10/13~14) 선행예약 [1] 공중캠프 2010-08-17 2364
    14 후원회원 후원회원 신청합니다! secret [2] 미진 2010-08-17 20
    13 자유글 SNC 뮤지션/스태프/이벤트 참여자들의 코멘트 공중캠프 2010-08-17 2719
    12 회의록 (8/18) snc.10 회의 #05 [1] 공중캠프 2010-08-16 2412
    11 회의록 [re] (8/15) snc.10 회의 #04 [2] staff 2010-08-16 2539
    10 회의록 [re] (8/11) snc.10 회의 #03 [4] staff 2010-08-12 2500
    9 회의록 (8/15) snc.10 회의 #04 [3] 공중캠프 2010-08-12 2505
    8 회의록 [re] (8/8) snc.10 회의 #02 staff 2010-08-12 2739
    7 회의록 (8/11) snc.10 회의 #03 공중캠프 2010-08-10 2651
    6 자유글 (8/10~8/15) SNC.10 일본공연(10/6, 10/9) 선행예약 공중캠프 2010-08-09 3209
    5 회의록 [re] (8/4) SNC.10 회의 #01 staff 2010-08-07 3359
    4 회의록 (8/8) snc.10 회의 #02 file 공중캠프 2010-08-07 2901
    3 자유글 [기사] 韓国の名物フィッシュマンズイベントが日本初上陸 [1] 공중캠프 2010-08-07 3786
    » 자유글 SNC.10 staff and artist comments 공중캠프 2010-08-04 4013



    XE Login