So Fishmans!(my fishmans life)


RIP 丸山晴茂(Sunny Day Service)

조회 수 463 추천 수 0 2018.07.15 13:11:35

................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................


삼가 고인의 명복을 빕니다ㅠ


------------


RIP_마루야마_하루시게.jpg




訃報


サニーデイ・サービスのドラマー丸山晴茂が5月に永眠しました。

死因は食道静脈瘤破裂、享年47歳でした。

生前のご厚情を深く感謝し、謹んでご報告申し上げます。


尚、葬儀はご家族の意向を尊重し、近親者のみで執り行わせて頂きました。



平成30年7月15日

有限会社スタジオ・ローズ


___



晴茂くんが、亡くなりました。


彼はもう何年も自分の抱えるアルコールの問題を克服しようと戦っていました。

2015年の夏を最後に、いっしょに音は出していませんでしたが、ぼくたちは彼が戻ってくるのを待っていました。


すぐに、ではなくても、生きていればいつかはまた三人で音を出せると信じていたし、そんな最高なことが起こるのが人生だと思っていました。



晴茂くんはぼくの大事な友だちでした。

ドラマーがなかなか決まらずくすぶっていたサニーデイに入ってくれたとき、彼はすでにプロの仕事を経験していて、ぼくたちにとっては音楽的な先輩と言った感じでした。こんなすごい人が叩いてくれる!そこでやっとサニーデイはバンドとしてのスタートが切れたのです。

おまけになかなか東京人とフランクに接せられない地方出身のぼくと田中でしたが、何故か晴茂くんとはすんなり自然と打ち解けることができました。

たぶん三人とも、似たような部分でシャイだったのでしょう。

まるで、ずっと昔から友だちだったような感覚でした。


それから経験したありとあらゆること、素晴らしい時間や景色、サニーデイの音楽、これらすべては更新されることなく永遠のものになってしまいました。



晴茂くんはやさしい人でした。

純粋な人、という言葉は彼にこそ使っていいものだと思います。

なにごとにも臆することなく、心から正直に行動できる人でした。本物のパンクスで、本物のロックンローラーでした。

計算高いタイプのぼくはよく彼に「晴茂くんは天使だから」なんてことを言っていました。そんなとき晴茂くんは決まって不思議そうな顔でぼくを見るのでした。

ぼくは晴茂くんが大好きでした。


サニーデイ・サービスを愛してくれたすべてのみなさん。晴茂くんのビートに身を委ね、彼を応援し、彼の復帰を待ってくれたすべてのみなさんに、感謝いたします。

どうもありがとうございました。



自分がいま音楽をやっているのは、晴茂くんと出会い、彼に力をもらったからです。

ぼくがひとりで作った歌をみんなが聴けるカラフルな音楽にしてくれたのは晴茂くんです。

いつもぼくの家族を心配してくれたこと、あなたのはにかんだような笑顔、あなたの冗談、あなたのやさしさ、ひたむきさ、自由さ。

ありがとう、晴茂くん。

さようなら。



平成30年7月15日

曽我部恵一




http://rose-records.jp/2018/07/post_492.html

https://natalie.mu/music/news/291257



snc11_2s.jpg

2012.3 SNC.11 - Sunny Day Service



20150710_11_snc16_all2.jpg

2015.7 SNC.16 - Sunny Day Service




공중캠프

2018.07.15 19:15:19
*.1.197.192

http://emon.egloos.com/3181341
List of Articles
번호 제목 글쓴이 날짜
490 lyric [가사] キセル - 悲しくてやりきれない [1] 공중캠프 2019-06-30
489 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1993.6.18) 5th single 『いかれたBaby』 [1] 공중캠프 2019-06-18
488 Chronicle [Fishmans Chronicle] (1994.6.17) 7th/maxi single 『Melody』 [1] 공중캠프 2019-06-17
487 [인터뷰] (하라다 이쿠코×다카기 쇼헤이 대담) 클람본과 cero의 세대를 뛰어넘는 공통점 공중캠프 2019-06-03
486 (9/7) Fishmans - OTODAMA'18-'19~音泉魂~ 출연 [1] 공중캠프 2019-05-26
485 『フィッシュマンズ』、The Fishmans Movie file [2] 공중캠프 2019-02-20
484 (9/16) 野音でキセル 2019 [2] 공중캠프 2019-02-10
483 [인터뷰] 류이치 사카모토 "좀 더 시들어도 괜찮다고 생각합니다" file 공중캠프 2019-02-05
482 [가사] cero - 魚の骨 鳥の羽根 [1] 공중캠프 2019-01-27
481 interview [인터뷰] 20년 후의 투혼전승(모테기 킨이치(Fishmans) x 타카기 쇼헤이(cero)) file 공중캠프 2019-01-24
480 interview [인터뷰] 논, 베를린, 생활, 그리고 『천체(天体)』 ── [대담] 오오야 유스케(Polaris)× Bose(스챠다라파) 공중캠프 2019-01-02
479 (2/19) フィッシュマンズ presents "闘魂2019" 공중캠프 2018-11-08
478 [가사] Small Circle of Friends - 波よせて 공중캠프 2018-10-07
477 [가사] キセル - 声だけ聴こえる [1] 공중캠프 2018-09-30
476 [가사] ゆらゆら帝国 - ひとりぼっちの人工衛星 [1] 공중캠프 2018-09-30
475 [인터뷰/공기공단] 야마자키 유카리 공중캠프 2018-08-18
474 interview [인터뷰] 키세루의 극상낙원음악이 여기에 있다, 당신이 있는 곳에도 슬쩍 다가가는 『The Blue Hour』 공중캠프 2018-08-10
473 [인터뷰] Fishmans는 노스탤지어가 아니다 (모테기 킨이치와 오리지널 멤버 오지마켄스케의 대담) go 2018-08-08
» RIP 丸山晴茂(Sunny Day Service) file [1] go 2018-07-15
471 (8/8) Fishmans, 『Night Cruising 2018』 발매 공중캠프 2018-06-25



XE Login